• 締切案内
  • 料金について
  • 入稿マニュアル
  • お問合わせ
  • 会社案内
  • オンリーイベント支援
  • リンク

原稿の描き方 小説アナログ編

小説原稿について

原稿用紙に直接プリントアウトしても、別紙に印刷して貼り付けてもどちらでも構いません。
その際に、文字が滲んでいたり灰色や青色になっていないか確認をしてください。
印刷は必ずモノクロで行ってください。詳しくは、アナログ原稿作成方法をご覧ください。

出力原稿について

別紙出力の場合、原稿によっては貼り付けをしないでそのまま入稿することも出来ます。
文字のみでイラストが無かったり、簡素な飾りだけの場合は縮小のかからない原寸原稿の方が仕上がりで文字の潰れや擦れ等のトラブルが起き難くなります。

例えばA5サイズの小説本の場合、データをA5サイズのまま作成しプリントアウトしたものをそのまま入稿できます。(図A)

原寸原稿

A4サイズの用紙を横にして2ページ分を並べて出力しても大丈夫です。その際は弊社にて半分に断裁して作業させて頂きます。(図B)

原寸原稿(2ページ分)

挿絵や飾り枠等で塗り足しが必要な原稿の場合はトンボ付き原稿でご入稿ください。(図C)

トンボ付き原稿

貼り付け原稿

別紙に出力して原稿用紙に張り付ける場合、糊の種類によっては紙が伸縮してしまうことがあります。
原稿用紙が大きく反り返っていたり、表面が凸凹になっていると仕上がりにも悪い影響を与えますので、作成の際はお気をつけください。

原稿用紙に直接出力した場合について

原稿用紙に直接出力する際、枠線など水色の線の上にインクが乗らない事があります。 仕上がり時、文字が掠れたようになりますので、予めご確認をお願い致します。

このページのトップへ