• 締切案内
  • 料金について
  • 入稿マニュアル
  • お問合わせ
  • 会社案内
  • オンリーイベント支援
  • リンク

原稿の描き方 Photoshopカラー表紙編

下記はカラー表紙のデータ作成方法になります。色刷り表紙のデータ作成方法はコチラをご覧ください。

解像度

解像度は350dpi(350pixels/inch)をお勧めします。
カラーでは350dpi以上でも画質はあまり変わりません。300dpi以下ですと若干粗くなります。
解像度の単位は必ずpixels/inchにしてください。pixels/cmにしてしまうとデータが非常に重くなってしまいます。

画像モード

入稿時の画像モードはCMYKにしましょう。 RGBモードの場合、4色印刷では再現出来ない色を含む場合があります。
RGBモードでのご入稿の場合は弊社でCMYKに変換して作業致します。
その際多少色味が変わる場合があります。予めご了承下さい。

保存形式

保存形式はPhotoshopEPSをお勧めします。プレビューはMacintosh 8bit/pixelsまたはTIFF 8bit/pixels、エンコーディングはバイナリでお願い致します。Photoshop形式(psd)でも入稿は可能ですが、レイヤーの結合(統合)、CMYK以外のチャンネルの削除をお忘れなく。

画像サイズ

データ入稿の場合、原寸(100%)で作成してください。また、イラストの上下左右に塗り足し(余白)を3mmまたは5mm設けてください。

表1と表4をわけて入稿の場合、弊社にて面付け致します。(面付は無料)
背表紙分を別に入稿して頂いても大丈夫ですが、特に指定がない場合は、表1または表4の余白からとります。

A5仕上り

表1と表4を付けて作成する場合

横:余白3mm+148mm+背厚+148mm+余白3mm
縦:余白3mm+210mm+余白3mm=216mm

表1と表4を分けて作成する場合

横:余白3mm+148mm+余白3mm=154mm
縦:余白3mm+210mm+余白3mm=216mm×2点

B5仕上り

表1と表4を付けて作成する場合

横:余白3mm+182mm+背厚+182mm+余白3mm
縦:余白3mm+257mm+余白3mm=263mm

表1と表4を分けて作成する場合

横:余白3mm+182mm+余白3mm=188mm
縦:余白3mm+257mm+余白3mm=263mm×2点


本文用紙がコミック紙で表紙込28Pの場合
0.075mm×24P=1.8mm

トンボ

Photoshopの場合、上記のサイズに統一して頂ければトンボは不要です。画像のセンターからトリミングします。
上記サイズ以外の場合はトンボを入れるか、ガイドを入れるようにしてください。

色刷り表紙のデータ作成について

基本的にはモノクロ本文と同じ要領で作成して頂く形になります。詳しくはPhotoshop本文編をご覧ください。

表紙が繋がった絵柄の場合は、表1と表4を繋げて作成してください。サイズ等は上記のカラー表紙の項目を参照してください。繋がっていない絵柄については、表紙と裏表紙で別々に作成して頂いて大丈夫です。
背表紙については、表紙または裏表紙に繋げて作成して頂くか別に入稿して頂いても構いませんが、特に指定がない場合は表1または表4の余白からとります。

2色刷り原稿については、複数の作成方法があります。

  • レイヤーで分けて作成(この場合はPSD形式で保存してください)
  • 色別にファイルを作成
  • チャンネルで分けて作成

上記の内で都合の良い方法で作成して頂いて構いません。

このページのトップへ