• 締切案内
  • 料金について
  • 入稿マニュアル
  • お問合わせ
  • 会社案内
  • オンリーイベント支援
  • リンク

モアレについて

モアレって?

モアレとは異なる網点(ハーフトーン)が重なった際に、網の干渉により網点とは別の
独特な模様が出来る状態の事です。
アナログ原稿でも異なるスクリーントーンを重ねて貼った時に、貼る角度を間違えると
発生するのと同じ原理です。データ上で、きれいに2階調化されたトーンであっても、
重ねる事によってモアレは発生します。
また、CTPにて出力する際に、グレースケールは非常に細かな網に変換されます。
その為、モニタで見た時にはモアレをしていなくても、出力時にモアレが発生する事もあります。
画像
モアレの一例

データでモアレが発生する条件

・モノクロ2階調にしたトーンを二重に貼った時。
・モノクロ2階調にしたトーンにグレースケールの網を貼りこんだ場合、またはその逆。
・モノクロ2階調にしたデータの画像解像度やサイズ、角度の変更をした時。
・モード変換により、モノクロ2階調のデータをグレースケールに変更した時。
・2階調化したハーフトーンの濃度を下げた時。


等があげられます。


■モアレが発生するトーンの一例

画像
網点の周りにアンチエイリアスがかかった状態。
周りのグレーがCTPによって2値化され、モアレが発生する可能性があります。

画像
2階調化された網点にグレースケールを貼りこんだ状態。
モアレが発生する可能性があります。

画像
2階調化された網点の濃度が下げられている状態。
モアレが発生する可能性があります。

このページのトップへ