• 締切案内
  • 料金について
  • 入稿マニュアル
  • お問合わせ
  • 会社案内
  • オンリーイベント支援
  • リンク

原稿の描き方 Comic Studio編

ComicStudioで原稿作成

ComicStudioで原稿作成する際の注意点、書き出し方法を説明します。
数ある方法の内の一つですので、参考程度にご覧ください。
使用しているソフトはComicStudio4.6.2になります。
それ以外のソフト、バージョンでは仕様が異なる場合があります。

原稿作成時の注意点 ファイルの新規作成

一番最初にファイルを作成する際、「用紙テンプレート」から原稿のテンプレートを指定します。
この時に間違ったテンプレートを選んでしまうと、最終的に異なった仕様の原稿になってしまいますので
注意してください。

画像
テンプレート名の「B5用紙」「A4用紙」というのは原稿用紙全体のサイズになります。
実際の仕上がりサイズは用紙のサイズより小さくなります。

弊社の推奨サイズは
B5本の場合:「同人A4用紙3mm」
A5本の場合:「同人B5用紙3mm」

になります。
画像
「〜三列三段」「〜四コマ漫画」などいくつか種類がありますが、予め枠線やガイドが引いてあるだけで
サイズ自体は変わりません。 使いやすいものを選んでください。
画像
右側に選んだテンプレートの用紙サイズ、仕上がりサイズが表示されます。
上のテンプレートはB5サイズ用なので、仕上がりサイズは横18.2cm、縦25.7cmになっています。

原稿作成時の注意点 グレースケールの網点化

グレースケールで作成したデータをラスタライズ等で網点化すると1ピクセル単位の非常に細かい網点になることがあります。

画像 画像

    ラスタライズ前                 ラスタライズ後

細かい網点は印刷の際ムラになったり、飛んでしまう事があります。
グレースケールを網点化する時は書き出しの際に行いましょう。
書き出し方法は原稿作成時の注意点 psdに書き出しをご覧ください。

原稿作成時の注意点 網点トーンの2値化

白黒のトーンは貼っただけの状態だと2値化されていない事があります。
2値化されていない状態だとモアレが起こる可能性があります。
網点トーンはラスタライズして2値化するか、書き出しの際に2値化しましょう。

画像  画像

               グレースケール       モノクロ2値


【トーンのラスタライズ方法】

画像
2値化したいトーンレイヤーを選択します。

画像
右クリック→「レイヤーのラスタライズ」をクリックしてください。

画像
ラスタライズされるとレイヤーのアイコンが変わります。

原稿作成時の注意点 psdに書き出し

原稿が完成したら書き出しをします。
原稿の状態によって、適切な書き出しの方法が異なります。
原稿の状態を確認した上で、書き出しを行いましょう。

・使用しているトーンが白黒のトーンのみ、または全てを網点化して書き出したい場合
モノクロ2値で書き出し

・使用しているトーンがグレーのみで、全てグレースケールで書き出しする場合
グレースケールで書き出し

・使用しているトーンがグレーのみ、またはグレー・白黒混在のトーンの場合
一部をモノクロ2諧調にして書き出し

このページのトップへ