• 締切案内
  • 料金について
  • 入稿マニュアル
  • お問合わせ
  • 会社案内
  • オンリーイベント支援
  • リンク

原稿の描き方 モノクロ原稿編

原稿用紙

原稿は市販の同人誌用原稿用紙をおすすめします。B5サイズ投稿サイズの2種類があります。メーカーによって若干サイズが異なるため、メーカーと原稿サイズはなるべく統一してください。

ノンブル(ページの番号)は必ず全ページに書いてください。ノンブルを絵の中に入れたくない場合、隠しノンブルといって本の綴じ側に入れると製本した時にページの内側に隠れてノンブルが見えなくなります。仕上がり線から5mm以内に小さめに書いてください。(右綴じの場合:奇数ページが右。偶数ページは左に書いてください。)

仕上り線よりも外側に絵や文字を書いたりすると断裁の時に切り落としてしまいます。文字や絵が切れてほしくない場合は、仕上り線よりも5mm以上内側に収めてください。逆に裁ち切りにしたい場合は外ワク線まできっちり描くようにしてください。

ご入稿されたアナログ原稿は、面付けの際にカットまたは折りの作業を行います。予めご了承ください。

画材

原稿は必ず黒1色で描いてください。ベタはムラにならないように塗ってください。
ホワイトは白になるようにキチンと描いてください。灰色に近い白になってしまうと印刷で綺麗に出ない場合があります。

スクリーントーン

スクリーントーンは目が細かすぎたり、濃すぎたりするとつぶれてしまったり飛んでしまったりするので注意してください。
10%〜60%位で70L以内のものをお勧めします。細かいトーンははがれやすいので、しっかり貼ってください。
トーンの品質にはムラが多く、粘着の弱いものや印刷が薄いものがあります。十分に注意してください。
トーンの下のイラストの消し忘れや、消しゴムのカスの混入、ホワイト等の修正は印刷に写ることがありますので注意してください。
トーンが浮いている場合、下にある文字や絵が出なくなることがあります。

多色刷原稿の描き方

多色刷印刷の場合、使用するインクの数だけ原稿が必要となります。2色刷なら2枚、3色刷なら3枚の原稿を御用意ください。
各原稿のイラストがキチンと重なっていないと印刷の段階でずれてしまいます。 すべての原稿に必ずトンボを書いて、正確に原稿が重なるようにしてください。1枚目の原稿の上に厚手のトレーシングペーパーをかぶせて、それに直接描き込む方法もあります。
全部、黒1色で原稿は作成してください。

このページのトップへ